So-net無料ブログ作成
検索選択

幻影の覇者ゾロアーク [ポケモン]

ポケモン映画『幻影の覇者ゾロアーク』が公開されました。

以下、ネタバレを含むかも知れないので、悪しからず。

土曜日にさっそく見に行ってきましたが、

個人的な感想としては昨年のアルセウスよりよかったのではと思います。

ゾロアークとエンテイ、スイクン、ライコウなどの戦闘シーンも迫力があって

去年のアルセウス、ディアルガ、パルキア、ギラティナの戦闘シーンに引けを取らないものだったと思います。

コロコロで先行して漫画が掲載されていましたが、

映画ではところどころ漫画通りのストーリーではない進行がなされていたので

その点もよかったと思います。

最後のサトシとゾロアたちの別れのシーンも、今後の冒険のフラグになっていて

よかったのではないでしょうか。

来年のポケモン映画予告によると、やはりレシラム、ゼクロムが登場する可能性が高そうですが、

確か去年の予告ではルギア、ホウオウが出てきたのに結局関係ありませんでしたので、

もしかしたら違うのかもしれません。

【関連記事】
ポケモンハートゴールド・ソウルシルバー攻略
馬鹿でもできるポケモン
きまぐれポケモン日記
めざせポケモンマスター
ポケモン日記 - ポケモン攻略、対戦、育成、戦略考察 -

リーフィア育成論 [ポケモン]

リーフィア育成論

タイプ:くさ

とくせい:リーフガード

種族値:
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
65 110 130 60 65 95


攻撃、防御が高め。

防御は130もあるので、HP・防御に努力値を振ればかなり固くなれるため、物理受けとしての育成が考えられます。

ただ、リーフィアは単くさタイプなので、メジャーなタイプに対して弱点が多めです。

普通の物理受けとして使うとタイプ相性で押し切られてしまうので注意が必要ですね。

攻撃・素早さの種族値も高めなので、物理アタッカーとしての育成も考えられますが、

ここでもまた単くさタイプであることが災いしてかくさタイプで弱点を付ける相手が少ないのが悔やまれます。

全体的に見て種族値は悪くないのですが、育成が難しいポケモンです。

特性がリーフガードしかありませんが、その点ではモジャンボに劣っています。

モジャンボはリーフィアと同じく物理耐久が高めですが、特性ようりょくそもあるので、

晴れ状態なら先制で攻撃することができます。

リーフィアもようりょくそだったら結構変わってきたと思うのですが・・・

リーフィアの使い方としては、物理アタッカーに対して出て行き、にほんばれで晴れ状態に、
こうごうせいで回復(晴れ状態で回復量UP!)、リーフブレードで攻撃、という感じですかね。

難しいポケモンです。


【関連記事】
めざせポケモンマスター
ポケモンブラックホワイトプレイしてみた
ポケモンいろいろ攻略
ポケモン牧場 - 攻略・育成論ブログ
mikaのポケモンブログ


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。